【1期生募集】架空の案件で即実践!動画編集者向け実務力養成講座

Brain
【1期生募集】架空の案件で即実践!動画編集者向け実務力養成講座

【1期生募集】架空の案件で即実践!動画編集者向け実務力養成講座

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

こんにちは。カズマルです。

動画編集が流行り始めて数年が経過し

発注者側になる人も増えてくる中

ある課題が浮き彫りになっていると思います。

その課題と合わせて動画編集ビジネスの現状をお伝えします


動画編集ビジネスの現状

動画編集で稼ぐ人は日々増加していますが

発注サイドからは

「優秀な編集者がいない」

「採用した編集者がいい仕事しない」

「採用した編集者が飛んだ・消えた・バックれた・パソコンが壊れた」

という声が後を立ちません。

せっかく動画編集者として、編集スキルを習得したのに

実務の部分で活躍できず

クライアントの評価を下げてしまっている人が多いです。

実際、クラウドワークスやツイッター上で募集される案件の単価は

1本200円〜5,000円ほどが多くなっています。

一昔前は、クラウドワークスでも

1本1万円以上の案件の募集がたくさんあったんですね。

しかし、編集者が増え、質が下がってしまっているのが

単価の低下からわかります。


なぜ優秀な動画編集者がいないと言われるのか?

それは

「実務経験がない中、いきなり案件に取り組む編集者が増えたから」

だと感じています。

「ある程度スキルを身につけたら仕事を取りに行こう!」

という発信は全く間違っていないと思います。

スキルを身につけて案件を取り

クライアントの期待に応えているのであれば無問題です。

しかし、現状はそうはなっていません。

実務経験がない状態で案件に飛び込み、

相手に大きな負担をかけさせてしまっている編集者が少なくありません。

僕は

「どうすれば動画編集者さんがなるべく失敗せずに、相手に迷惑をかけずに満足させられるか?」を懸命に考えました。

その思考の末、開発したのが

「動画編集者向け実務力養成講座」です。


実務力養成講座ってなに?

こんな人にオススメです↓

実務力養成講座では、

その名の通り、「実務力」を養っていただきます。


「実務力」とはなにか?

それは

・コミュニケーションスキル
・ヒアリングスキル
・品質担保スキル

だと考えています。

相手がどのような動画を作って欲しいのかは

制作側が聞いてあげないとわかりません

よってヒアリングスキルは重要です。

また、

進捗報告などを含む

動画制作以外のコミュニケーションも

相手の負担を軽減する上で重要です。

そしていちばん重要なのは

品質担保スキルです。

対価を頂いて制作した動画で

・誤字脱字がある
・音のバランスがおかしい
・カットができてない

などが起きてしまっては

業務不履行となり、お金をもらえない可能性だって出てきます。


クライアントが求めているものを

ミスなく納品する制作力も、実務力の1つです。


実務力養成講座では

これらのスキルを架空の案件の実践を通じて身につけていただけます。


なにが学べるのか?

受講の流れについて

こちらのBrain購入後

架空の案件を発注するSlackにご参加いただきます。

架空のクライアントとコミュニケーションをお取りいただき

動画納品後、仮クライアントよりフィードバックをいたします。


フィードバックは下記のような形となります。


このシートに加え、一人ひとりに

メンターより個別アドバイスをいたします。

このフィードバックが

動画編集者として真の実力を身につけたい方にとって

これ以上ない財産になります。

添削は、実際に僕のYouTube事業の

プロジェクトマネージャーをしている者が行いますので

実戦と全く同じレベルの環境とフィードバックが可能です。


制作した動画への細かいフィードバックはもちろん

クライアントの負担を減らすコミュニケーションも熟知してますので

ぜひ、ご活用ください。


架空案件について

あなたのレベルに合わせて、解決してほしい悩みを2通り

ご用意しております。

お好きな方をお選びいただきお取り組みください。

(初心者は①の悩みがオススメです)


受講するメリットについて


架空の案件で制作した動画は「実績公開可能」とし

フィードバックも、クライアントが喜んでいることを示す証拠としてお使いいただくことも可能です。

実務力を身につけた後の、営業面もこれでバッチリサポートができると思います。

また、他の編集者と比べての評価となりますので

評価を受けて、

自分に足りないものは何なのかを客観的に知ることができます。


フィードバックを受けて改善することで

クライアントが喜んでくれれば、あなたに発注する本数も単価も増えやすくなりますから

実益的な面でもかなりメリットが大きいと思います。


受講生の声(一部抜粋)

最後に

1人でも多くの動画編集者がクライアントに喜びを与えられるように

多くの方にご協力をいただき今回の講座は完成しました。


1人1人のフィードバックにお時間をいただくため

受講可能な人数には制限を設けさせていただきます。


ご覧のBrainの「残り部数」が受け入れ可能な人数となりますので

残り部数が0になる前にお申し込みいただけますと幸いです。


値段は段階的に値上げさせていただきます。

1期生→2期生→3期生と

期生ごとの値上げとなりますので、希望者の方は

お早めにご検討くださいませ。


また、本講座の受講生特典も複数用意しております。

正直特典だけで、1つ講座が出来上がるレベルにしてますが

今回は付録というポジションに甘んじてもらってます。

それらも踏まえて、本講座で受け取れる全てのコンテンツをまとめさせていただきます。


①架空の案件の発注(素材尺4分ほど)

②案件の取り組みに対するフィードバック
今後の動き方に関する個別アドバイス

③ポートフォリオ素材のご提供(営業時公開可能)
④実務力のテクニックをまとめた動画講義(13分)
⑤動画編集者が身につけるべき営業力完全解説講義(13分)
⑥1本8万円の高単価案件獲得方法レポート(3,800文字)
⑦動画編集者のための営業力大全レポート(8,060文字)
⑧月収100万円達成ロードマップ(3,550文字)
⑨2022年の動画編集者の稼ぎ方まとめ(4,231文字)

(まとめ)
計26分+19,000文字のレポート+個別の添削+架空の案件で即実践となります。


これらを全てまとめて受け取ったうえで

実際の案件に着手してください。


無駄に煽ったりはしません。

本当に実力をつけるのであれば、実践をするしかありません。

ただ、いきなり本番ではクライアントに迷惑をかけかねませんから

ぜひこの講座で失敗してフィードバックを得て、実際の顧客を笑顔にしていただければと思います。

それでは!受講を心待ちにしております。


この続きを見るには購入する必要があります

この記事を購入する

この記事のレビュー

0 件のレビューがあります
平均スコア 0.0

この記事を購入する

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

onefirst2019onefirst2019

onefirst2019

”Good seller” ”Good buyer” ”Good for the world”

Corona Virus Data

Japan

Last Updated: 5 mins ago

Confirmed Cases

0

New Cases

0

Total Deaths

0

New Deaths

0

Total Recovered

0

Active Cases

0

in Critical

0

カテゴリー

Newentry PICK UP 特集記事
  1. 凡人大学生が、SNSだけで100日で20万稼いだ方法

  2. 【Twitterマネタイズの教科書】 収益特化のTwitter運用の型とお金を稼ぐ上での鉄則・ルール

  3. 【FX】25万→350万円にしたガチのトレーダー手法を初心者でも再現できるよう解説

  4. 【手法特典付き】初心者でも1分取引で稼げる!バイナリーオプション逆張り手法

  5. 【1記事10分で作成】無料でタイトル、構成、記事内容を全て丸投げ!爆速AIライティング手法マニュアル!

  1. たった13日で動画編集の案件獲得で50万円売り上げた”超営業術”

  2. DEX DeFi BOT 機械学習仮想通貨BOT NFTBOT 完全版

  3. 【閲覧数を増やすために必要な方法とは??】メルカリで高く売るためのスーパーテクニック大公開!!

  4. 職業が投資家は【圧倒的に稼げるチート】

  5. 【最短】初心者こそやるべき!イケハヤ氏のBrain攻略法

  1. 【環境構築編 Windows OS編】Gulpで開発環境を自動化!?Sassの導入と便利な使い方

  2. FXで「月収600万円」の僕が教える100%勝てる最強手法教えます!

  3. 【最先端技術】今さら聞けない「AI・人工知能」とは?徹底解説します!

  4. 怪しいネットビジネスが儲かるのか検証‼︎1日15分で500円‼︎

  5. YouTube公開!<新7話>暴走の恐怖!悪のオーラ再び!激闘を繰り広げる中、残った悟空とベジータはフューと対決する。

TOP